研究プロジェクト管理支援システム(optoh-PBM)

「研究プロジェクト管理支援システム」及び「大学院教育PBLプログラム支援システム」

大学院教育PBLプログラム支援システムは、研究プロジェクト管理システムの応用事例の1つであるので主な機能等は同一です。

1. 開発の背景

近年、企業、大学または研究機構におけるプロジェクト研究については、多地点に散在する異領域の研究者らが融合・連携して推進するシーンが多くなりましたが、電子メール 等による対応では、膨大な情報管理は難しいと言われています。
本システム(optoh-PBMまたはoptoh-PBL)では、広域ブロードバンド通信の利用により、討議、実験、改善提案等コアボレーションすることにより研究プロジェクトをスピーディかつ円滑は推進が可能となります。


研究プロジェクト管理支援システム:optoh-PBM
大学院教育PBLプログラム支援システム:optoh-PBL


2. 主な機能
 
情報管理(データーベース)
研究報告書、調査レポートや文献情報などの登録及び検索機能をもつデーターベースです。
カテゴリー別に登録と同時に検索キーワードも併せて設定できるため膨大な情報を素早く出力できます。また、アクセス権限等の設定もできますので閲覧者の制限もできます。
 
 電子会議室(ウエブ会議システムと同期)
研究計画や実験結果等についてリアルタイムに複数の研究者間でドキュメント、顔及び音声を共有しながらコアボレーションすることができます。
 
プロジェクト管理
研究課題やプロジェクトチームの設定、参加研究員の登録や研究スケジュール等の管理ができます。また、同プロジェクトに限定するドキュメントの登録管理もできます。
 
共通管理
カレンダー機能、会議日程調整機能、アクセス権限設定、お知らせメールの設定、事務処理(経理処理や出張伺い等)のテンプレートのダウンロード、工作機や実験器具、 主な研究施設や会議室等の予約等の機能も利用できます。
 

3. システム概念図

システム概念図

4. 主な適応分野

企業向け研究管理支援分野 : optoh-PBM
本社及び各研究所間での情報を一元的に共有できます。また、ウエブ会議システムを 併せてご利用戴ければ多地点間でのN対Nの会議ができるので利便性も著しく改善され 研究効率を一段と向上することが可能となります。
大学院教育PBLプログラム支援分野 : optoh-PBL
自主的な課題提案及び解決型の教育研究プログラムPBL(プロブレムベースラーニング) を支援する管理システムとして開発され既に大学院教育向けへ導入されています。
導入実績 : 早稲田大学理工学術院 先進理工学研究科生命理工専攻超専行型融合テーマスタディクラスター教育
 
異領域融合(産官学、官学、学学連携)分野 : optoh-PBCM
  広域に散在する連携研究拠点間におけるプロジェクト研究の推進向けには、広域プロ −ドバンド通信を利用して情報の共有化や効率的な運用管理が期待できます。 暗号化、不正アクセス防止、改ざん防止、アクセス権限設定等のセキュリティ対策及び バックアップ機能により情報管理も徹底しています。
 
5. 導入効果

多地点間における情報の共有化により一元的な管理、ウエブ会議システムにより同時 にドキュメントを共有しながら効率的なコアボレーシヨンができるため研究プロジェクトを より効率的に推進できます。


6. 推奨するサービス

基本ソフトウエアのライセンス
サーバーへのインストール、諸設定や運用マニュアル等のご指導を致します。
カスタマイズサービス
お客さまのご要望に基づいて、機能等のシステムの設計及び構築をご支援致します。
ASPサービス
  当社のサーバーシステムに既にインストールされているソフトウエアをご利用すること によりサーバー構築等の初期費用を節減できます。
 
optoh-PBMシステム製品シリーズ
 

DownLoad